« 2012年2月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年3月14日 (水)

3アカの苦悩

鳳凰始まってやること増えすぎて息切れしてるももたです・・

こんにちわwobbly

あたし操作出来るのは2アカだけなのですがアカウントは3つ持ってるんですy

で、計10キャラいるわけなんですが

ええ、とてもじゃないけど手がまわりませndown

とりあえずメインの仙論と出番の多い能と鎧を育てつつ

でも他のキャラもやっぱりちゃんとやりたい、ってなって

必死こいてやってたんですがーーーー

無理sign03

家臣手形、毎日80枚っていうのがまずきつい。

いれなくてもいいんですがやっぱ入れて育てたいじゃないですかっbearing

でも、全キャラはどうしても無理なのでそれぞれのキャラ桶狭間の週刊クエ受けて

出来るだけ3000まで貯めて、それで手に入った分でやりくり。

足りませんcrying

しかもそれも全キャラはむりで何キャラかは放置せざるを得なくdash

簡単な瓦こなしたりしてます。。

城下町も、微集や城とも10件訪問やらでバタバタバタバタ。

やらないと損した気分になるので眠い目をこすりつつw

これ他アカの人大変すぎますよね・・

今週はこのキャラ、来週はこれってわりきらないとやってけませんsweat02

そんな中でも一門クエや、桶狭間の新ボスっていうか武将k

も、やってますsign01

今までは 島津、忠勝、如水、井伊、時間あまれば政宗ってかんじでしたが

これまでやってきた徒党構成じゃ無理なボスもいて慣れるまでちょっと大変そう。

でも基本今まで通りでやる予定デス

桶狭間は服部半蔵の指輪がおいしいという噂を耳に入れ

さっそくいってきましt

色んな特化をmixさせた忍者7体がそこにいました。

こちらは鎧士密仏能仙法。

最初は2体おとしたとこで見事に旗にぬけ折れちゃいましたが

なんとかクリア。

それぞれの新奥義や技能が結構つかえて楽しかったなhappy01

が、指輪は見事に属性でしたshock

その後義元行きましたがちょこちょこミスがあり敗北down

いい時間だったので終わりましたがまぁやれそうでしたねっbleah

服部半蔵は指輪はあたりひくまでやりたいとこですがチョットめんどいなsweat01

| | コメント (3)

2012年3月 8日 (木)

鳳凰始まりました!

1アカ分しかグレードアップしてなかったももたです。

こんにちわhappy01

でも1キャラやるだけでかなり時間かかりました・・。

まず気になってた家臣に取り掛かってみましたsign01

それにはまず、自分のお城に名前をつけないとだめで

その名前が変更できないってことだったので

迂闊な名前はつけれないなーーと悩むこと数十分。

・・あ~ もういいや・・・で決めちゃった名前は

ぷ(ぷー)じょー(城)

で ぷじょー。

わかる人いるのか、コレ。 いるわけないか・・coldsweats01

プジョーっていう車あるんですがそれもかけてみましたsign03

 

お次は家臣雇うわけですが見た目決めるのに小一時間。

これがだるかった・・・・

顔と髪型と髪の色、声。

それぞれ選べればいいものをひとまとめにして悪魔の家臣だとか優雅な家臣だとか

何十種類もでてきまして

すべてを思い通りにしようとしたら軽く2時間はかかったという知人も。

あたしは途中で挫折してもうこれでいいや・・・ってなりました;;

あとは家臣の名づけと初期振りしてやっとこ完成。

城ともっていうのがあって、まぁようするにメル友をもじってるんでしょうね・・w

中で色々説明読みながら建設とか育成とかやって一段落。

 

お次はなにはともあれ目録ゲットして皆伝させてないと!

ということで特化は藤原のptか銀での交換、上級は寄り合いで手に入れ

貯めてた修得の書で皆伝good

ちょっと足りなかったので評定とかやって皆伝させたんですけど。。

争覇の時に鳳凰の箱もらってましたよね!

それ開けたら技能皆伝アイテムが3個出てきました・・sweat02

先に開けようねっbearing

 

後は週刊クエスト受けて秀吉の新Dとかやりました。

ソロでも他の人巻き込んでの戦闘なのでけっこうさくさく貯めれますwink

ただ徒党組んでる時は巻き込みNGにしておかないとそこらじゅうで巻き込まれますw

ソロでの注意点は5とか7とか叩くときは周りをよく確認しないと

人をまきこんでの2VS7とかになって危険ですbearing

  

まだまださらっとかじっただけなので書けることはこんなところかなsmile

 

新技能やその他のことはまた!  

書かないかもしれませんが・・・shock

| | コメント (3)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年5月 »