« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月23日 (火)

弟子できちゃいましt

この2週間、対抗戦な時は東西こもりっきりだった気がします。

そんな中、最近やたらと増えた新規さんに知人達が装備を作ってあげたりしていた時

生産系さっぱりだめなあたしは何も出来ずにいましたdash

で、ぼーーーっとその様子をただ眺めていたら、ひとりの知人さんが

誰か師匠なってやれ!と言いだし、聞いてまわっていたんです。

みんながめんどくさがって二の足を踏む中心優しいももたに白羽の矢が、。sign02

じゃ、ももたやれ。    エ、じゃ、、て^-^;

はい。 きまり。

そこからはおろおろおたおたしながら師匠やってるんですが、不憫なのはあたしを師匠にもってしまったお弟子さん・・w

まぁ、、ひとりで対処できるわけもなく、必然的にももたごと面倒みることになる知人さん達。

ま、まぁ、、、みんながんばr。

一人ならまだもう少しやれる・・はずだったんですが、その時一緒にいたもうひとりの新規さん、別の知人が師匠になったんですがイン時間が合わないようで

あたしに対話が交互に、というか同時にくるのでパニックにsweat02

で、結局知人に助けてもらいながら今のところ頑張っておりますsign04

このお弟子さん、どうやらももた系らしく、軽く迷子、とろさが伝授するまでもなく実装されておりましt。

こ、これが俗にいう類は友を・・というやつかw

この師弟がやりとりしてるとこをみていた知人が、のほほんとした。と言ってましたが

イイエ・・こっちふたりとも必死なんですw

昔ももたが初心者だった頃ずっと何から何まで教えてくれていた知人達のすごさが今身にしみてまs。

あなたたちは・・・・     すごいよsign03

昔のあたしは(今もだろ!とかナシで;;)はんぱなかったy、、、、。

そして今、この師弟に(弟子だけじゃないヨ)色々教えてくれている知人さんたちにも。

  感謝です・・heart02

| | コメント (5)

2009年6月10日 (水)

今日から東西戦!

魔王ノックに明け暮れていた1週間が終わり、

今日からいよいよ、鯖対抗な東西戦が始まりますsign01

内容はさっぱり把握してないのですが・・。

装備は配布も持ち込みもあると聞きました。

どんな感じになるのかちょっと想像つきませんが楽しみですhappy01

人気要素のひとつは視覚効果アイテムぽいですねー

気になるところで、果たしてPS2でちゃんとプレイできるのksign02という

不安要素がcoldsweats02

最近透明人間になってしまうバグが多発してますし、新D行くと必ずというほど戦闘中フリーズするし

ちゃんと遊べるのか?がほんと、一番気がかりです、。

今週は東西に通いつめそうなももたでしたbleah

| | コメント (0)

2009年6月 2日 (火)

妙技祭とか。

今週は合戦も無く主に流行の魔王ノックに出向いておりますpaper

土曜の午前中、寝とけばいいのに信にイン。

やることもないのに(寝とk、。)。 いえ、やりたいことはあるんですけどね! 色々と。

やれることがなくぼーーーっとしてたら知人から対話が。

 上覧でてる?

えっsign02

そんなおもしろそうなことが行われていたとはーーーsign03

時間はけこう過ぎてましたがさっそく軽く準備してごーーーnote

他鯖の方とかとランダムで組まれるタイプの装備持込個人戦。

形は前哨戦ですね!

調子いいときはほんと楽しいのですが、負けこむと敵にじゃなく味方に殺意わきますね?

結果は18勝17敗でしtdash

日曜日はほぼ全戦、盾なしでした・・なぜか相手には毎回ちゃんといるんですけどもw

そして回復、神なし。 あたっく7とかもう当たり前になってましたcoldsweats01

あきらかに構成負けしてることが多かったです(言い訳じゃないもnbearing

まぁまぁの構成で、お!これはいいかんじ!とか思ってたら旗軍さん、即旗おちとk、

まぁ、ぐだぐだ愚痴こぼしつつも参加し続けたのは楽しかったからなんですけどねsign01

これに味しめて、今度から個人戦の上覧にも通いつめそうなももたデス。

あとは、夜叉ノック誘っていただき、中身4人で4回ノックしやっと!!!!

ももんが夜叉帯ゲットしましたhappy02

見事すべてロット負けし、最後にゲットデシタsweat01

そろそろ、ももたの逢魔ボスもやっときたいなーと思ってるんですが、なかなか人集めるのが難しそうです。

でも今は魔王ノックで覚醒やらなんやら上げれるだけ上げておきたいとも思ってたりdash

ぼちぼちがんばりまっすhappy01

| | コメント (4)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »